2018-07-09 【記事】ドラマ”ボーイフレンド”ソン・ヘギョ×パク・ボゴム、主演キャスティング確定!2018年下半期放送予定 




● “ボーイフレンド” ソン・ヘギョ×パク・ボゴム、出演確定!期待UP
● “ボーイフレンド” ソン・ヘギョ、一瞬も自身の人生を生きたことがなかったEx-財閥家の娘チャ・スヒョン役!
● “ボーイフレンド” パク・ボゴム、平凡な日常の中で幸せが大切な純粋青年キム・ジニョク役!


ソン・ヘギョとパク・ボゴムがドラマ“ボーイフレンド”として出演を最終確定した。

7月9日ドラマ“ボーイフレンド”(脚本ユ・ヨンア/演出パク・シヌ/制作ボンファクトリー)制作者ボンファクトリー側は、「俳優ソン・ヘギョ、俳優パク・ボゴムがドラマ”ボーイフレンド“の主人公で出演を最終確定した。2018年下半期放映を目標に現在フリープロダクションを準備中だ」と明らかにした。

ドラマ“ボーイフレンド”は政治家の娘で、ひと時も自身の人生を生きたことがなかったEx-財閥家の娘チャ・スヒョン(ソン・ヘギョ)と、平凡な日常を幸せに大切に生きている純粋な青年キム・ジニョク(パク・ボゴム)の偶然な出会いが、互いの人生を揺るがす“不祥事”になってしまう、美しくて悲しい運命的なラブストーリーだ。

ソン・ヘギョは女性主人公チャ・スヒョンに扮している。チャ・スヒョンは雪花のように美しくて高慢なEx-財閥家の娘、無味乾燥していた彼女の人生に訪れた胸がときめく愛が、名実ともに韓国最高の女優ソン・ヘギョを通してどうゆうふうに描かれるのかすでに関心と期待がされている。
パク・ボゴムは男性主人公キム・ジニョク役を担った。キム・ジニョクは特別なこと一つない、極めて平凡だがそれだけ小さな幸せの大切さを知っている男だ。卓越した演技力とスター性で韓国全てのドラマのキャスティング1位として選ばれている俳優パク・ボゴムが、ドラマ“ボーイフレンド”でどんな姿を見せてくれるのか注目を集める。

なによりソン・ヘギョとパク・ボゴム、二人の俳優の出会いが大きな話題を集めている。ソン・ヘギョは爆発的視聴率を誇った“太陽の末裔”以降、約二年ぶりにお茶の間劇場復帰作で“ボーイフレンド”を選択した。ソン・ヘギョは毎作品愛らしい魅力はもちろんのこと繊細な感情演技を披露し視聴者を魅了させてきた。パク・ボゴムもやはり“恋のスケッチ~応答せよ1988~”、“雲が描いた月明り”等を通して特有の繊細な演技と多情な魅力を披露し、見るだけでも自ずと笑顔になる韓国全体を“ボゴム病”に陥れた。

このように名前だけでもときめきと期待、信頼を与える二人の俳優が一つのドラマで会うことになる。ソン・ヘギョとパク・ボゴムが見せてくれる二人の姿がどのように描かれるのか、彼らが描いていくまぶしいほど美しいラブストーリーはどうなのか、ドラマ“ボーイフレンド”について好奇心と期待感が高まる。

一方ドラマ“ボーイフレンド”は映画“7番房の奇跡”、“国家代表”2の脚色、ドラマ“タンタラ~君を感じてる~”の脚本を担った実力派ユ・ヨンア作家とドラマ“嫉妬の化身”、“エンジェルアイズ”で感覚的な演出力を認められたパク・シヌ監督が意気投合した作品だ。現在話題のなか放映中の“キム秘書がなぜそうか(原題)”をはじめ“医心伝心~脈あり!恋あり?~”、“彼女は綺麗だった”、“主君の太陽”を制作したボンファクトリーが制作し、2018下半期放映を目標にtvNと編成の協議中である。